ABOUT of LUXE CAFE



HOME > ABOUT

IMG_2789.JPG

珈琲の味にこだわり丸山珈琲の焙煎豆を使用

丸山珈琲は香り、風味が際立ったスペシャルティ・コーヒーを独自の技術で焙煎し全国のお客様に高い評価を得ています。

各産地の最高のスペシャルティ・コーヒーを選出するカップ・オブ・エクセレンス・オークションに丸山珈琲は2001年より参加し、共同購入グループ"味方塾"の代表として、毎回落札に成功しています。


2002年にはブラジル・カップ・オブ・エクセレンス・オークションにて第一位の「アグア・リンパ」を当時の史上最高価格にて落札することに成功し、さらに2008年にはグァテマラの「エル・インヘルト」を史上最高価格にて落札。

現在にいたるまで、各国品評会での一位のコーヒーを落札すること12回、丸山珈琲では常に世界最高品質を紹介しています。

また、代表の丸山健太郎氏は2002年より国際審査員として、オークションの前に行われるコンペティション(品評会)にも参加されています。

スペシャルティコーヒーとは

スペシャルティコーヒーとは、分かりやすく簡潔に説明しますと「飲んで美味しい」コーヒーのことです。

高品質コーヒーを生み出すのに必要な地理条件(標高、平均気温、平均降水量)、木を取り巻く微少気候、 木の健康状態、収穫システム、生産処理システムなどが管理されていなければなりません。

これらのことに気をつけられて注意深く生産され、そして味覚的に品質をはかる基準でテイスターが「カッピング」というテイスティング作業を行い、平均して80点以上の点数がつく珈琲豆の事をスペシャルティコーヒーといいます。

丸山珈琲が扱っているのは100%スペシャルティコーヒーです。

バイヤーでもある、丸山健太郎自身が生産現場まで赴き、それらの条件を満たした生産者から直接買い付けています。 品質的にも、丸山健太郎自身が80点以上付けたコーヒーを買い付けています。